【お知らせ】2022年ピーストークデー(2/12)

河西秀哉さんが語る「象徴天皇制と人権・科学」

 

とき 2022年2月12日(土)
時間 14時~16時30分
  受付13時30分
会場

長良川スポーツプラザ(メイン会場)

 

岐阜県教育会館(第二会場)

  オンライン併用
資料代

500円

★資料郵送は別途200円

問合せ

058-215-7301

講師の河西秀哉さん
講師の河西秀哉さん

  • コロナの第6波の感染状況で、リアルとオンラインの併用開催を予定しています。
  • 会場参加は50名限定とします。
  • 必ず電話か下記のフォームから事前に申し込んでください。
  • 申込〆切2月7日(月)
  • 中止や変更の場合はこちらのページでお知らせします。

講演「象徴天皇制と人権・科学」

講師:河西秀哉さん(名古屋大学大学院准教授)

【講師の紹介】

1977年生まれ。名古屋大学大学院博士後期課程修了。

博士(歴史学)。著書に『「象徴天皇」の戦後史』(講談社)

『戦後史のなかの象徴天皇制』(吉田書店)『皇居の近現代史』『明仁天皇と戦後日本』(洋泉社)など。近年、小室さんと眞子さんとの皇室報道について新聞社等でのコメントを多数発表されている。最近では、雑誌「アエラ」(2021年11月1日号)で木村草太さんとの対談記事が結婚問題、皇室報道の本質を指摘している。


ピーストークデーは、50年前から「紀元節復活」「明治百年」キャンペーンに抗い、歴史の偽造を許さず、戦争と平和を考える取組を行ってきました。

今年は、天皇制に焦点を当てました。

「平成の天皇の退位や小室眞子さんの結婚をめぐる問題は、天皇・皇族の人権というものを提起したようにも思われます。この点につき、憲法が制定される前、三笠宮がある提案をしました。それを読み解きながら、象徴天皇制と人権・科学の問題を考えてみたいと思います。(河西さんのコメント)」


ピーストークデー申し込み

メモ: * は入力必須項目です


Zoom参加希望の方は郵便局から参加費500円(資料郵送希望の方は送料込み700円)を振り込んでください。

入金を確認次第、ZoomのID・パスコードおよび資料を送付します。

 

【振込先】

口座番号 00890-7-130003

名義 岐阜県教職員組合

振込手数料は個人負担となります。


主催:2022年 ピーストークデー実行委員会

(構成団体:岐阜県歴史教育者協議会・岐阜県教職員組合・岐阜県平和委員会・岐阜地区労連・新日本婦人の会岐阜支部・岐阜県9条センター・岐阜市平和資料室友の会・国民救援会岐阜県本部)